Home » Weekly日野 » 濡れ落ち葉

濡れ落ち葉

「濡れ落ち葉」と聞くと、眉をひそめる方もいるはず。

でも、そんなマイナスイメージの言葉も時とともに、意味合いが薄れているみたいです。


高幡不動尊

 

高幡不動尊


高幡不動尊

京王百草園

12月になって、イメージ先行の世の中は、もう冬。

ところが、実際は11月30日に次の日が12月になるだけで、季節の移ろいはカレンダーをめくるようには変わりはしません。

紅葉もしかり。

昨日まで色彩を楽しませてくれていた葉が一夜のうちに、枯れ落ちることもないのです。

高幡不動尊のもみじまつりは11月30日、京王百草園の紅葉まつりは12月2日までではありましたが、実際は見ごろは続いていました。

まつりの最中には色付いていなかった葉が、いよいよ終盤に差し掛かって色を染め、もしかしたら、まつりの後の方が美しかったりもします。

ところが、まつりが終われば、紅葉も終わりとばかりに、人出はぐんと少なくなり、特に雨など降ると、人っ子一人いない状態で、紅葉独り占めになることもあります。

12月4日火曜日がまさしくこの状態でした。

天気予報が伝えるところでは、お昼ごろまで雨模様、午後から晴間ものぞくとの予報。

まさしく空を見上げれば、雨が降っているものの、西の遠くでは雲の間から射す日射しが見えていました。

陽に照らされて輝くもみじは見慣れていますが、雨はもみじの色をさらに濃くしてくれます。

雲が開き、陽が射すと、どこからともなく風がそよぎ始めます。

舞い落ちた雨に濡れたもみじの葉が敷き詰められた道は、進むことをためらわせます。

知ってか知らずか「キレイ、濡れ落ち葉って」と若い声が聞こえてきても、「濡れ落ち葉」が揶揄する言葉などということは、忘れてしまう風情でした。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.