Home » Weekly日野 » 春は静かに

春は静かに

遅れた桜もあっという間、一週間ほどで見ごろを終え、「花の命は短い」の言葉通り、人の関心が薄れるのを見計らうように、若葉へと変わっていきます。


 


あれほど先月まで賑わっていた、京王百草園は桜のころになると、人影もまばら。

さらに、それも過ぎると、ウグイスの声が響くばかりです。

でも、この時期には他の季節にはない味わいがあります。

まずは、樹齢200年のものもあるミツバツツジ。

濃さを極めた紫が背丈も越す程に重なり、常緑樹の緑の葉と新緑の若葉、そして薄い桜色を従えて空の青に揺れる様。

聞こえるのは、風の音と遠くの電車。

その音もかき消す小鳥のさえずり。

遠くを見れば、林の芽生えに幾色もが混じる丘。

今年は恒例、「新緑まつり」が開催されなかったこともあり、なおさら趣きある日本庭園でした。

同じ丘陵を縫う散策路も、忘れるのが惜しいほどの色合いの時です。

背の高い山桜は、近くから見上げるよりは、遠目から他の若葉と揺れる様が一番。

ついこの間まで、枯れ枝の梢に透けて沈んでいた夕陽は、若色の葉と朱を複雑に混ぜ合います。

曇りの日には、白く銀にも見える丘は空と解け合い、その中にほのかに紅や黄が薄く透けて見えています。

桜、その艶やかさが引いた春の幕間。

その緞帳は静かに、次章への幕上げの準備をしています。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.