Home » Weekly日野 » 福豆は1t

福豆は1t

これ以上ない快晴に恵まれた、今年の節分。

恒例、日野の高幡不動尊の節分式に参加された人出は3万2千人に上りました。

五回豆まきが行われますから、単純計算すると一回あたり、6千人以上の方が豆を求めたことになります。


さすがに傘を広げる強者はいませんが

 

松平健さんとお馴染みつのだ☆ひろさん




一面きな粉

震災による被害を受け、修復された法輪が金色に輝く五重塔の下まで、さすがに、その距離では豆を受けることはできないので、きっと、次の回を待つ人たちでしょう。

それは「これまで見たこともない」、という人の多さでした。

晴れたから?、それともやはり、昨年の震災の影響から?。

なんとも言い難いところですが、確実なのは、豆を撒くタレントの一人に松平健さんがいらっしゃったことも、大きそうです。

失礼ながら、宝輪閣の上から豆を受ける方々の様子を伺うと、だいたい見当が付くものです。

数年前、大河ドラマで新選組が放送されていた年、土方歳三役の山本耕二さんがお見えになり、その時にもそうでした。

用意された豆は1t。

「福は内!、福は内!」のかけ声とともに、無事に待つ手に届いたのは、どれくらいでしょうか。

入れ替え戦ではありませんが、毎回ごと、人がまばらになる時に見ると、地面はきな粉色。

風呂敷を広げたり、ビニール袋を頭上に掲げたり、とあの手この手で福をかき集めようとしてみても、なかなかどうして、簡単には行かず、大半はこぼれているようです。

滑っては危ないと、アルバイトの職員がその度ごとに掃き集めています。

その量はかなりなものと、見受けられます。

豆まきの最中、お馴染みさんたちは同時に行われているだるま市へ顔を出します。

売り手さんたちの駆け引きを楽しむ、というか、つまりは値切るにも、ゆっくりとできるとというもの。

何せ、豆まきが終わると、どっと人が押し寄せるのですから。

ずらり、と並べられた大小のだるまたち。

みんな目を閉じて、じっと豆まきのかけ声を効きながら、「福は偶然に頼って他人の分までやみくもに集めるものでは無いぞ」、と諭しているかどうかは、判りませんが、だるまの目を開けるように、福豆も一つひとつ確実に手に入れた方がよさそうです。


 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.