Home » Weekly日野 » 春迎えは里山からのごちそうで

春迎えは里山からのごちそうで


首都大学東京の学生さんたちもおもち付き

 


この田んぼで作ったお米です

百草の倉沢で農業体験ができる石坂ファームハウス。

ここの米作り講座の最終回として、もちつき大会が開かれました。

先週降った雪がまだ周辺には残る中、自分たちで田植えから収穫まで世話したお米。

そのお米が真っ白なおもちになりました。

もちつきをするのも、自分たちで。

もちろん、食べるのも。

半年以上かかったやっとの、食事になりました。

たっぷりの野菜が入ったお汁。

この野菜もここの畑で穫れたもの。

七草粥もグツグツと大鍋いっぱいに用意されています。

もちを蒸すのも、汁やお粥を煮るのもみんな周りの林からの薪や木の枝。

田んぼでは、今度、2月11日に、たき火の会が行われます。

 




 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.