Home » Weekly日野 » 猛暑の影響は冬までも、イチゴはこれから

猛暑の影響は冬までも、イチゴはこれから

これから一段と寒くなるというのに、思い出すと暑くなる、昨年の猛暑。

その影響は、今でも続いています。


これからが本番です


 


花付きも順調です

いつもなら12月に真っ赤な実がたわわになり、クリスマスシーズンにはケーキをデコレーションするはずだったイチゴも、暑さのせいで苗が思うように育たず、成長が遅れていました。

新年明けて、世の中が初詣でざわついている最中、イチゴハウスに人影。

当然、植物には正月もなく、この乾燥した時期、ハウス内を乾燥させると、せっかく大きくなり始めたイチゴの実の張りが悪くなるので、水やりは欠かせないとのことです。

「これからはもう大丈夫、5月までは、例年通り収穫できる見込みになった」、と一安心の声が聞けました。

イチゴの栽培を始めて、7年。

栽培面積も増え、評判で都内からもイチゴ狩りのお客さんが訪れています。

万願寺にある農産物直売所でもお買い求めできますが、なにしろ、相手は作物なので、タイミングが合わないと「せっかく行ったのに、イチゴがない」なんてこともあるようです。

イチゴ狩りにお出かけの際は、一声ならぬ、ひと連絡をされてからお出かけ下さい。

イチゴ狩りの柴崎園芸HP

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.