Home » Weekly日野 » 今年は凝縮点灯もみじ灯路

今年は凝縮点灯もみじ灯路

 11月22日、23日に開催が予定されていた「高幡不動もみじ灯路」。

 ところが22日はあえなく、雨天のため中止、23日一日だけの凝縮開催となりました。



 同じ日に行われるのが高幡不動尊の「萬灯会」です。

 ライトアップされた真っ赤なもみじと提灯が揺れる五重塔。

 暗闇に溶け込む読経が響く中、供養の蝋燭が灯され、祈りの顔が炎に浮かび上がる。

 それだけでも、幽玄な気配十分ですが、さらに「もみじ灯路」が境内へと通じる参道と街を淡く照らし、誘いています。

 



 

 一斉に灯ろうに点火する。

 灯ろうが並ぶ道は、水がまかれ輝きをさらに演出する。

 どうしても途中で消えてしまうロウソクに火を入れる。

 どれもこれも全て高幡の商店会のみなさんたちの人力です。

 灯ろう沿いの商店は、時間中はかきいれ時にも関わらず、光の妨げにならないようにと、照明を落とします。

 スイッチひとつでパッと光るイルミネーションとは話の次元が違います。

 



 

 第5回目の今回、灯ろうの数は2200個に増え、飾られる場所も拡大されました。

 演出もさらに工夫が加わり、うねるように光る路、敷き詰められた紅葉の葉に浮かぶ灯ろう、確実に増えた見学の方もホッーと息をついています。

 ますますパワーが増し、これ以上灯ろうの数が増える予感がする「もみじ灯路」です。

 そうするともっと人手はかかるだろうし、「暗闇を照らすはず」の灯ろうが、照明になってしまうのではないか、ちょと心配です。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.