Home » Weekly日野 » 街角でまたまた写真展

街角でまたまた写真展

街角にその場所の昔写真が展示されている日野駅周辺。

もうすっかり街の風景の一部となっています。


セイコーエプソンのフェンスに並ぶ写真

 

「谷仲山」はこの付近の地名です


中央高速の下にも昔の様子が展示されています

住む人は何ごともなく行き過ぎますが、たまに日野に帰られた方や新選組の観光で訪れたみなさんは、立ち止まってご覧になっている姿を見かけます。

そんな写真がエリアを拡大、日野の中心部を少し離れ、高幡不動へと行く川崎街道沿いにも進出しました。

中心となっているのは、セイコーエプソンのフェンス。

セイコーエプソンでは地域に喜ばれるならと心良く、展示場としてフェンスを提供してくださいました。

並んだ昔の写真を見ると、昭和50年代まではエプソンの辺りはほとんど田んぼ。

実はそのころはまだ「エプソン」ではなく「オリエント時計」がここで時計を製造していました。

そのオリエントのシンボルだった大時計の写真もあり、「懐かしい!」の声。

あまりにも風景が変わってしまって、どこの写真か想像できないものもあります。

この展示、9月いっぱいは行われる予定です。

ついでながら、日野のエプソンには東京修理センターが併設されており、持ち込みの修理を受付ています。

簡単な場合はその場で、多くはその日のうちに修理が完了。

宅配便で返却もしてくれる便利処です。

ない方がいいのですが、万一修理なんて時、写真を覗いてみるのも、一興です。

まちかど写真展Inひの『谷仲山」を詳しく「日野宿発見隊HP」

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.