Home » Weekly日野 » 新登場!ひの樽トマト

新登場!ひの樽トマト

日野特産のトマトがこれから最盛期を迎え、トマト農家の販売所には毎朝、真っ赤な完熟トマトを求める列を見かけるようになりました。


 

完熟してから収穫します


これが樽です

樽がずらり、トマトもずらりと並びます

そのトマト、ハウス栽培が主流ですが、これからは路地物もだんだんと出て、7月の終わりまで続きます。

ですが、路地物になればなるほど天候に左右されるようになってきます。

せっかく買いに行ったのに、「今日は穫れなかった」、とか、それとは反対に「出来過ぎてしまって」、今度は農家が「もっと、持ってって」、ということもあったりします。

そんな日野のトマトに2010年からニューフェイスが登場しました。

その名は「樽トマト」。

「樽」みたいな形をしているトマト、ではなく、「樽」と呼ばれる容器を使って栽培されたトマトです。

「樽」一つに植えられるトマトは日野の場合4本。

遮光、温度、水やりから肥料まで、ほとんど自動管理されたハウスにずらりと樽が並んでいます。

でも、いくら自動といっても、そうはいかず、これまでのノウハウと経験がそこに加味されて、真っ赤なトマトになりました。

この方法の特徴の一つとして、収穫時期が伸ばせることと、時期を選ばす栽培できることがあるとのことです。

「軌道に乗れば、一年中、日野トマト、食べられるようになるかも」、とのことで、これからが楽しみです。

問合せ先

JA東京みなみ七生支店
042-591-2012


 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.