Home » Weekly日野 » あの夏から秋、そして冬

あの夏から秋、そして冬

2009年の出来事で、一番を上げれば「多摩テック」の閉園です。


多摩テックを囲む雑木林もすっかり葉を落としました

年内には、敷地をぐるっと高い塀が作られ、もう中の様子を伺い知ることも出来なくなってしまいました。

 

10月10日 まずゴンドラがはずされ・・


10月12日 骨組だけになり・・・

2月、突然の「多摩テック9月いっぱいで閉園」のニュース。

それまでも、入場者数が最盛期に比べて随分と減っている、後発のテーマパーク系のアミューズメント施設へお客が行ってしまった、などなど、その真偽はともかく話しはされていました。

そして、皮肉なことに、「アクセスの良さ」も。

まだまだ、車がどこの家にあるわけでもなく、これから期待されるモータリゼーションを鼓舞するために、48年前にHONDAによって開設された多摩テック。

車社会の熟成とともに、遠出をしてまで楽しむ場所から、ちょっと行くには中途半端な距離、になっていました。

9月30日の閉園後、すぐに園内の施設の撤去や解体が始まりました。

人気だった「アクロエックス」は、茂木ツインリンクスで再登場するとのこと、他の乗物たちも、次の場所が見つけられれば、活躍できるとのことです。

閉園から一週間後に始まった観覧車の解体。

年内にはすっかり姿を消してしまいました。

元はこの観覧車も、「どこかのエキスポ」で使用されていたものが、多摩の丘にやって来たものだとのこと。

また、どこかで、もしかしたら、どこか外国で笑顔を乗せて回り続けてくれるのかも、しれません。

 

11月9日 バランスを取りながら部材がはずされ・・・

12月2日 支柱だけに・・・

11月23日 言われれば観覧車の姿に・・・
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.