Home » Weekly日野 » 台風一過

台風一過


中央高速道の高架をまたぐ虹

2年ぶりの上陸だったという台風18号。

 

丘陵もくっきり


富士山もいつもよりだだいぶ早く初冠雪したそうです

みごとに東日本をなぞる様にして、しかも強力というふれこみで、収穫の季節を迎えていた日野のりんごや梨の農家をやきもきさせてくれました。

10月8日、未明から明け方までは、強い雨が降ったものの、風はさほどでもなく、雨雲が通り過ぎた8時ころから一時間ほどうなりをあげて南風が吹きまくりましたが、あっけなくこれで台風騒動は過ぎ去ってしまいました。

心配されたりんごや梨はほどんど被害を受けることはなく、稲穂を垂れて刈り入れを待っていた稲も倒れることもありませんでした。

そして、ちょっとしたプレゼント。

大気の塵は雨と風で洗われ、文字通り台風一過。

朝、風に流されてみるみる広がる青空の下、斜めから刺す太陽が虹を描き出してくれました。

透きとおった光は一日中注ぎ続け、太陽が沈んでまでも見慣れた街を「よその街」に見せ続けてくれました。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.