Home » Weekly日野 » ブルーベリー摘取り、千客万来

ブルーベリー摘取り、千客万来

今年の天気不順、太陽は雲に隠れて、夏らしい日射しが待ち遠しい。

日射しを待っているのは野菜も果物もいっしょ。

そこで気になるのが、最盛期を迎えたブルーベリー。

この土日、様子をうかがいに行ってみました。


じっくり完熟の実を選びます

 

大粒を揃えました


みんなで摘んで、みんなで食べます

ブルーベリー園のお話によると、「花付きが今年は良くて、実も数も多い」、それに「初夏の天候がまあまあだったので、このところの天気の割には、大きくなっている、後はカラッと陽が当たれば、甘さが増すんだけど」、とのこと。

天気予報によると今週は夏らしくなるようなので、まだまだこれからが、楽しみです。

開園以来、お客様が毎日いらっしゃり、近隣はもとより、23区からも多くのお客様が訪れてくれています。

その評判は「ジューシーで、遠くから来たかいがあった」。

近くの方は、それはそれで、朝早くから開いている園へ、涼しいうちのさんぽがてらにブルーベリー摘みをして、お洒落な朝食にいただくなんてこともできます。

ブルーベリー園にはしかめ面はありません。

子どもも親も、若い人もお年寄りも、そして、園主もブルーベリーでみんな完熟笑顔です。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.