Home » Weekly日野 » 早起きして花参り

早起きして花参り

日野では高幡不動尊のアジサイが7月になると、終わりになり、思えば2月の百草園の梅から始まり、半年ばかりの間、あれやこれやの花盛りの季節がやっと過ぎて、静かな夏がやって来ました。


鉢が大きくて高いので真上から見るのはたいへんです

 

のぞき込んでみました


ゆっくり、順繰りに咲いていきます

と思いきや、密かに境内を占領する大きな一抱え以上もある80もの鉢で、雄弁な蓮の花が、盛夏の訪れを咲き誇るお寺が日野にあります。

ここは青柳山萬福寺というお寺。

万福寺は臨済宗鎌倉建長寺末寺。

天正14年(1586)、心峰長益が開山草創といわれています。

この辺り、つい30年ほど前までは周りを田んぼで囲まれていました。

でも今では、近くを多摩モノレールが空を走り、区画整理で整然とした住宅地の中になっています。

この萬福寺は28年間もの間に丹誠込めて大賀ハスなど50種類もの蓮が育てられており、知る人ぞ知る場所です。

蓮の花は朝早くから咲きだし、昼頃には閉じてしまうので、遅くとも10時頃までが見ごろとなります。

ましてや、50種ともなると種類ごとに咲く時期もまちまちで、全ての鉢の蓮がいっぺんに咲くということはありません。

それでも噂を聞きつけた人たちが、遠くから訪ねて来られるようになったそうです。

蓮は7月の誕生花ということで、だから7月初旬からポツポツと咲き出し、順に位置を変え、目と鼻の先に透き徹った大輪をひろげ、楽しませてくれています。

7月も中旬、ここで、だいたい一段落、そして今週末あたりから、第2章が始まるそうで、今月いっぱい蓮の競演は続きます。

 

地 図

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.