Home » Weekly日野 » 年の瀬二景

年の瀬二景

いよいよ2008年ももう終わり、このところ晴天が続き、ということは、朝夕の寒さも一段と厳しくなってきました。

 


冬至が過ぎ、落日も目に見えて北へと向かって進んでいます。

日野からはまだ富士山の左端に沈んでいるのも、後2週間も経つと、「ダイヤモンド富士」、ドーンと富士山めがけて沈みます。

丘陵の高台から夕暮れ天空ショー、金星が輝き空が闇に包まれると、下界には180度にきらめく夜景、この季節ならではの秀景です。

そして湧き水が多い日野。

寒さが増すと日陰のしみずでは、しぶきが凍り、氷にしみ出した水がちょっとした造形を見せてくれます。

朝方、「シモバシラ」の茎に真綿色の霜が衣を重ねているのを見つけることもできます。

寒さの中、それでも、昔は製氷所もあったほど寒かったことを聞き及ぶと、そんなことが想像もできないほど、今は暖かくなっているのですから、ちょこっと探してみるのもいいもんです。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.