Home » Weekly日野 » 和の光輝く

和の光輝く

11月22日から24日にかけて、日野では隣り合う百草、高幡でそれぞれ趣きが違う光が輝きました。

 

このところのご時世、クリスマスの時期になると、普通のご家庭でも、外観をアッとするイルミネーションで輝かせるのを見かけます。

日野のお隣立川市では昭和記念公園でWinter Vista Illumination、多摩市では多摩センターイルミネーション、国立市の大学通りもイルミネーションが冬の夜空の恒例となって、賑わいを見せます。

そんなきらびやかなイルミネーションに対して、ぐっと小規模ながら,でも柔らかな光で演出されたのが日野の光。

京王百草園では22日からの3日間、園始まって以来という紅葉のライトアップが行われました。

手づくりの竹灯篭に揺らぐ炎に誘われて、園内を歩けば、丘陵の上、何も邪魔することない暗闇に、朱が浮かび上がっています。

心配された人出も明るいうちから暗くなるのを待つほど。

普段は見ることができない、眼下の夜景も魅力の一つでした。

何せ、今回が初回、これを基に来年はもっと素敵になることは必死。

これからが楽しみな催しです。

22日と23日には高幡不動尊での万燈会と今年で3回目となる「たかはたもみじ灯路」。

万燈会はこのところ年を経るごとに、参加者と見学者が増えています。

それもが大きな万燈のようにそびえる五重塔下、祈りの炎が幾重にも灯り、人々を照らし出しています。

そっと、遠くから、色付く紅葉の間から静かに見守るのも一つの楽しみかた。

同じ日、「たかはたもみじ灯路」で、街中に並んだ灯篭の数は約2000。

そのお不動さまへ続く参道はまさに光の河。

2日だけの儚さで街を照らすろうそくはきままに揺らぎ、派手なイルミネーションとは違う優しさをかもし出していました。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.