Home » Weekly日野 » 百草、盛夏

百草、盛夏

 30度で暑いといっていた夏はどこへやら、連日35度にもなる熱い日が続いています。

 梅と紅葉には、人が繰り出す京王百草園も、この時期は、人影もまばら、濃い緑と白い光に照らされた庭園は、蝉の声が響くだけです。

 

 京王百草園から谷を下ると倉沢の里。
 
 6月に植えられた田の米もすっかりと成長し、早生種が丁度開花の時期を迎えていました。

 今年生まれた、小さな緑色のカエルも、シオカラトンボも畦で遊んでいます。

 雑木林の中では、キツネのカミソリが木漏れ日のスポットライトを受けて、凛としています。
 

 台地の畑に整然と植えられた作物には容赦ない日が刺し、林の淵から浮かび上がる青空。

 田んぼでも、林でも、畑でも景色は真夏の静寂に包まれています。

 そんな静けさの中、ハッとさせられるほど元気な子どもたちの声が近づいてきました。

 ここ、倉沢にもブルーベリー摘取り農園が3軒ほどあり、近く?の高幡台保育園の子どもたちが「おやつにするブルーベリージャムの材料」を摘みにやって来たのです。

 自分たちの倍以上もの背丈はあるブルーベリーの間をあっちにこっちに小さな帽子が揺れています。

 「こんなに取っちゃった」と小さな手には5粒ほど、でも、なるほどいっぱいだ。顔に汗もいっぱいだ。

 「下から見ると、どこにあるかよくわかるよ」と保育士さん。

 でも、始めから十分下から見上げているのに、そう言われてしゃがみこんで、「手がとどかないよ、取れないよ」。

 空に浮かぶブルーベリーはどんな味なジャムになるのでしょう。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.