Home » Weekly日野 » 小さな仲間たちと「日野の用水であそぼう!」

小さな仲間たちと「日野の用水であそぼう!」

 8月になると待ってましたばかり、暑い日が続いています。

 日野の甲州街道沿いにある日野図書館では昨年から、『日野宿発見隊』と銘うって、日野宿をさまざまな角度から「体験」する活動を進めています。

 そのひとつとして、日野宿を語る時に欠かせない日野用水をピックアップしたのが、「日野の用水であそぼう!」。

 子どもたちと用水に親しむ催しが8月4日に開かれました。

 

 日野の街中を流れる日野用水。

 かっては、江戸一番の米どころであった日野宿、その秘密は日野用水にありました。

 この用水のことにあまり関心のない大人からは「こんなどぶ川に生き物なんているの?」といぶかしがる声も聞こえてきます。

 コンクリートで護岸された川は確かに、その流れの様子を良く見ない事には、この用水を知らないでいれば、まずは先入観からどぶ川に映るかもしれません。

 でも、その流れる水は上流4キロほどの堰から取水されたもので、下水処理場からの処理水も入っていない、ましてやドブなんかじゃありません。

 今回の催しは、用水に住んでいる街の仲間たちと出会うこと。

 街から少し上流のこの場所は、深さが20センチほどしかなく、小さな子どもも安全に用水と親しめる場所です。

 はじめは恐る恐るだった子どもたちも、小さな魚やザリガニやエビなんかに出会えると、もう夢中。

 一時間半ほどで、次々と見つけた小さな仲間はギンブナやコイの稚魚など魚が数種、スジエビやヌマエビ、いろんなヤゴ、カゲロウの幼虫、水の中で暮らす昆虫も十数種類。

 初めて見る生き物たちに子どもたちは釘付けです。

 子どもたちのために駆けつけてくれた、日野市の環境共生部の職員の方が、わかり易く、用水とそこで暮らす生き物についてお話してくださいました。



 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.