Home » Weekly日野 » 箱庭レンゲ

箱庭レンゲ

 ここ3年あまりの間に日野ではレンゲ畑が急減してしまいました。まぁ、30年も前に比べれば、田んぼがなくなり、ほとんど以前から全滅状態ですから、たいした違いはないと言ってしまえばそれまでですが。


 

 4年前までは、レンゲ畑の向うに富士山が見えた平山地区。ここに田んぼがあった片鱗もなく宅地になり、家が建ち並ぶのを待つばかりです。

 2年前までは、広いレンゲ畑で子どもたちが遊んでいた堀之内の田んぼも、去年からは種が撒かれなかったのか、今年も少し寂しげ。すぐ側には日野バイパスが今春開通。このレンゲ畑の田んぼも区画整理が計画されているとのことです。

 そしてこのレンゲ畑は、多摩丘陵の淵からしみ出した水だけが頼りの、たぶんもうここしにか残っていない、「棚田」で咲いているもの。

 「棚田」といっても本当に狭くて小さくて、しかも周囲は家に囲まれ、丘陵の緑を借りて作られた箱庭のようです。

 

 
 

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.