Home » Weekly日野 » 彫刻造形展ひの 2006

彫刻造形展ひの 2006

「ひの新選組まつり」のメイン会場となった市役所前。

一昨日の賑やかさは消え、静かにケヤキが覆う市民プラザの前を通りかかったら、そこにライオンがいるではないですか。


 


 いくら多摩動物公園があるからといって、本物のライオンが市役所に用があるわけでもなく。

 近寄って、ライオンの前に置かれたプレートを覗き込むと「真実一路」とあります。

 周りを見れば、そこにもあすこにも、「真実一路」ライオンの周りにはオブジェが。

 これは、今日から始まった「彫刻造形展ひの2006」の作品だったのです。

 会場はここ市民プラザと市民会館の展示室。今年で11回目になるそうです。

 この「彫刻造形展ひの」の始められたきっかけは、日野在住の作家の方々が、市民の方にもっと彫刻や造形作品を身近に感じてもらいたいと、作品展を開催したことから。

 今では近隣に住む作家の方々も出展。

 素材も石、ガラス、焼物、木、金属、糸と様々。

 間近に、そして、触れて作品の感触も体験することもできます。

 「彫刻造形展ひの」のメンバーは、「抹茶茶碗を作る講習会」を開いたり、毎年7月に行われる「ひのアートフェスティバル」への協力を行うことを通して「かたち」を作る体験をサポートする活動も行っています。

「彫刻造形展ひの2006」

5月16日(火)〜5月21日(日)

日野市民会館2階展示室、ロビー、市民プラザ



 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.