Home » Weekly日野 » 2006 初詣、さまざま

2006 初詣、さまざま

2006年も無事明けました。年末の晴天続きが、年明けを待っていたように、曇り空。昨年の正月は、大晦日から雪に見舞われたことに比べれば、まだましというものの、残念ながら初日の出も拝めずじまいでした。

 

 日野で多くの初詣客があるのは高幡不動尊。

 多摩一円を中心に京王線、多摩モノレールの便が良いこともあって、正月三ヶ日には、毎年20〜30万人の参拝者が訪れています。

 元旦零時前から、山門前を通る川崎街道には駐車を待つ車の渋滞が起き、人出も昼間と見間違うほどです。

 訪ねてみた正月3日は、今年初めての晴天に恵まれたせいもあってか、高幡不動駅から続く人の波は途切れることなく、不動堂前は参拝を待つ人で埋めつくされていました。

 境内には、たくさんの露天が店を並べ、そこもまた、すれ違うのも難しいほどの混雑。その中高幡不動の縁起物「ほのほうちわ」が揺れています。

 賑やかな初詣、正月らしいと言えば、そうなのですが、もっとゆっくり初詣をしたいという方も多いはずです。

 そこで、足元をゆっくりと見回してみると、地元氏子の方々が年が変わるのを期に、夜を徹して「元旦祭」をしっかりと行っている神社もあります。

 参道に明かりを灯し、ひっそりと初詣客を迎えている神社。新年とともに、初太鼓を奉納する神社。夜通し、焚き火で参拝者を暖めてくれる神社。神主が参拝者一人一人にお祓いをしてくれる神社・・・等々。

 と、それぞれにそれぞれの顔があり、味があり、時の流れも感じられ、しっとりとそしてゆったりと新年を迎えることもできます。来年はいかがですか?




 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.