Home » 日野の見どころ » 日野の自然 » 日野の水辺 » 浅 川

浅 川

川は人を呼ぶ

 

 浅川は八王子市の西方、「夕焼け小焼け」の歌のモデルとなった恩方から流れ出している多摩川の支流です。日野市の南地域を横切るようにして、多摩川と合流しています。昔はたびたび洪水を起こし、このため特に多摩川との合流点付近では耕作の為土を掘ると石がたくさん出て、これが土方歳三が生まれた石田村の由来だとも伝えられていたり、油免と呼ばれた河川敷にあった地区では栽培されていた菜種油に対して税が免除されていたなどの話しもあります。

 現在では堤防が建設されたり河川改修が行われ洪水の恐れは減り、おだやかな水辺は普段は憩いの場となっています。反面、流域の都市化に伴って大雨時には一気に水が流れ込むといった問題も抱えています。

 一時はドブ川と化していた浅川の水も泳ぎまわる魚たちが見えるほど澄んで、夏になると、恒例の手作りイカダで川を下る「浅川サバイバルラリー」や、残念ながら休止中で、復活が望まれる「伝統漁法公開」が行われたりしていました。

ウォーキング・・・

 浅川土手も多摩川と同じくのウォーキングコースとなっています。八王子市境の長沼橋から合流地点まで安心して歩くことができます。秋から冬にかけての晴れた日、上流に向って歩くと、行く手には雪をかぶった富士山が。「富士の道」と呼びたくなるくらいです。


 

ふれあい橋・・・

 ふれあい橋は平成3(1991)年に完成しました。「ふれあい橋」は愛称で正式名は万願寺歩道橋といいます。

 この橋ができるまでは、浅川左岸の住人は高幡不動へ出るにしても上流の高幡橋か下流の新井橋まで迂回しなければならなく、浅川の渇水期にはここにある向島用水取り入れ堰を昔の渡しよろしく何とか渡れたものの、まさに、陸の孤島状態でした。

 橋の上から川の上流には富士の高嶺が望め、朝夕には近隣の人々が散歩する姿が多く見られます。高幡側の土手からは簡単に水辺に降りられるようになっており、夏は子どもに水遊びをさせたり、涼を求めたり、小さな子どもと簡単安全に釣りができる、と絶好の憩いの場所となります。

浅川サバイバルレース・・・

 毎年7月、もはや浅川の夏の風物となっているレースです。八王子市役所からふれあい橋まで11キロメートルを手作りいかだで下るレースです。参加者は、優雅に川下りというわけにはいきません。通常時の水量は流域の開発により、少なくなる一方、これに、農業用水の取り入れ堰があると、川を歩いていかだを運ぶといった場面もたびたびです。逆に大雨が降ると、濁流が渦を巻き、とても川下り状態ではなくなってしまいます。

桜の堤・・・

 平山橋の下流と上流にはまとまって桜が植えられている堤があります。もともと大正時代には、ずっと上流の八王子市の北野付近まで続いていた桜並木でしたが、惜しくも戦争中に燃料となってしまったとか。土手に座ってお弁当。そぞろ歩きもまた結構。

ワンド・・・

 多摩川と合流地点に近い場所で浅川は程久保川とも合流しています。この合流点にあるのが「浅川・程久保川湾土」です。湾土(わんど)とは川の流れが蛇行して緩やかになって入る場所のこと。多くの魚や水辺の生き物が住み着いて多様な生態系が見られます。ここのワンドは実は水辺の自然を蘇らせようと人の手によって造られたものです。子どもたちにとっても蘇った遊び場、網で小魚を捕ったり、手づかみでザリガニを捕まえて歓声を上げています。

魚釣り入門・・・

 釣りぐらいしか遊びが無かった時代と比べれば雲泥の差、とは言っても多摩川と浅川が流れる日野では子どもが釣り竿手にしている姿を見かけることがあります。多摩川に比べて土手の傾斜も緩やかで場所によっては階段状になっていて、流れも緩やかで浅い浅川は子どもの釣り入門にぴったりです。夏には膝くらいの深さの所で按摩釣りをすると簡単にウグイやオイカワを釣ることができます。

駒形の渡し・・・

重要なお知らせ

駒形の渡し舟は2011年を最後に廃止されました。ご了承下さい。

 夏、市民プルー岸では対岸からの便利を図るために渡し舟が運行されています。お客さんが来ればのんびりと川を渡ります。料金無料、プール利用者以外でもOKです。小さな子どもにせがまれて乗り込むお母さんにもニッコリの船頭さんたちです。

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.