Home » お知らせ » 武蔵野美術大学学芸員課程博物館実習成果発表「みる しる あるく ひののまち」開催

武蔵野美術大学学芸員課程博物館実習成果発表「みる しる あるく ひののまち」開催

もうすぐ、8月も終わり、とは言えまだまだ暑さが続いています。

そんな中、ホッとするのは木陰の中。

旧日野蚕糸試験場跡地の仲田の森蚕糸公園は、高いけやきや太い銀杏に覆われているだけでなく、多摩川から引かれた用水路に足をつければ、さらに冷んやりと別天地です。

公園内には、昭和の初めに建てられた旧日野桑園第一蚕室が国の「 登録有形文化財建造物 」として修復保存、活用されています。

☞☞☞旧日野桑園第一蚕室

今回、日野市ふるさと文化財課の職員が、実習の講師となっているのが縁で、日野の歴史を伝えるこの建物の中で、8月28日、一日限りですが、大学学芸員課程で学ぶ学生さんたちによる、博物館実習成果発表「みる しる あるく ひののまち」開催されます。

「ひののまち」って、どう見えてるの?

観た帰りみち、いつもの光景が違って見えるかもしれません。

「みる しる あるく ひののまち」

開催日 8月28日(日)
開館時間 10:00〜16:30 観覧無料
会 場 仲田の森蚕糸公園 旧日野桑園第一蚕室
東京都日野市日野本町6-1
お問合せ 042-583-5100(金野)
 
▲このページの上へ
当HP記載事柄は、掲載時の情報に基づいています。経年により情報内容の変化もあります。ご了承ください。

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.