Home » お知らせ » 日野市郷土資料館 令和2年特別展 「みんなのひの宝モノ語り展」開催

日野市郷土資料館 令和2年特別展 「みんなのひの宝モノ語り展」開催

日野市郷土資料館は、今年で開館15周年。


さまざまな日野の「モノ」ー民俗資料ーを集めてきました。

これら一つ一つの資料には「モノ語り」が秘められています。

みんな「ひのの宝モノ」なのです。

宝物探し、「みんなのひの宝モノ語り展」へようこそ。

子どもから大人まで多くの方々に楽しんでいただける「ひのの宝モノ」が展示されます。

資料はもちろん、今に伝わる伝統行事、農村から住宅地へ変貌した日野を「見てきた」古老の話に耳を傾けてみてください。

そこには、地域や時代を映すだけでなく、今を生きる日野人(ヒノビト)へのメッセージが込められています。

そして、きっと、見終わった時、みなさんも「じぶん」の「宝モノ」を発見できる。

そう思える展示会です。

 

令和2年特別展 「みんなのひの宝モノ語り展」

第一会場
日野市新選組のふるさと歴史館
日 時 9月12日(土)~11月29日(日) 9:30~17:00
入館料 200円※小・中学生50円
※入館は16:30分まで。9月14日(月)・23日(水)・28日(月)、10月および11月の毎週月曜日は休館
アクセス 東京都日野市神明4丁目16−1
JJR日野駅より徒歩15分
JR日野駅、京王線高幡不動駅より京王バス「日02」系統
日野七小入口下車徒歩5分
駐車場あり
展示構成
第一章「みんなで願う」 かつての人生儀礼や代参講を中心に、ひとの幸せを願う文化に注目します。
第二章「みんなで育てる」 田畑、養蚕、牛馬や鶏を育てるどうぐや日記から、農家の一年を紹介します。
第三章「みんなと暮らす」 かつての人生儀礼や代参講を中心に、ひとの幸せを願う文化に注目します。
第四章「みんなと生きる」 サイノカミ・どんど焼き行事を中心に、地域に生きるひととその役割に光を当てます。
第二会場
日野市郷土資料館
日 時 10月3日(土)~令和3年3月28日(日) 9:00~17:00
入館料 無料
※毎週月曜日、12月28日(月)~令和3年1月3日(日)は休館
アクセス 日野市程久保550
多摩モノレール程久保駅下車徒歩10分
高幡不動駅より高21高22高23系統バス
高幡台団地バス停下車徒歩10分
駐車場あり
展示構成
第一章「みんなのマイどうぐ」 自分に合ったどうぐを選び、加工した痕跡をたどります。
第二章「みんなのひの南側」 山の上までようこそ!かつての旧七生村の生活を掘り下げます。
第三章「みんなの宝モノコレクション」 紹介しきれない多くの宝モノの中から、小さなモノ語りを添えて展示します。
お問合せ
日野市郷土資料館 TEL:042-592-0981
mail:museum@city.hino.lg.jp
https://hino-museum.jp/
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.