Home » お知らせ » 『赤い鳥』100年記念〜たきびの詩人巽聖歌と『赤い鳥』〜開催中

『赤い鳥』100年記念〜たきびの詩人巽聖歌と『赤い鳥』〜開催中


巽聖歌

100年前の、大正7年(1918)6月文学者鈴木三重吉によって創刊された『赤い鳥』。

童謡「たきび」の作詩者として知られる巽聖歌(たつみせいか)は、『赤い鳥』に投稿した「水口」が絶賛されたことにより、童謡詩人として認められることになりました。

巽聖歌は昭和23年に日野に転居、旭が丘に居を構えました。そして、昭和48年68歳で亡くなるまでの後半生を日野市で過ごしています。

日野市郷土資料館では創刊100周年にちなみ、『赤い鳥』と巽聖歌の活動を紹介しています。

会場では『赤い鳥』復刻版196冊を手にとってご覧いただけます。


 

『赤い鳥』100年記念〜たきびの詩人巽聖歌と『赤い鳥』〜

会 期 4月21日(土)〜7月1日(日)
9:00〜17:00
(月曜日休館、4月30日開館5月1日休館) 
入場料 無料
会 場 日野市郷土資料館
アクセス 京王線高幡不動駅より徒歩20分
多摩モノレール程久保駅より徒歩7分
バス 高幡不動駅1番のりば高幡台団地下車徒歩5分
問合せ 日野市郷土資料館
日野市程久保550番地
TEL:042-592-0981
e-mail :museum@hino-museum.jp
日野市郷土資料館
 

地 図

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.