Home » お知らせ » 日野駅に月一回、マーケットでわいわいがやがや「キャナルマーケット」

日野駅に月一回、マーケットでわいわいがやがや「キャナルマーケット」



ホームの下、煉瓦作りのトンネルを流れる山下掘り

お隣は立川駅、そのお隣は国立駅、吉祥寺まで20分、新宿だって30分で行けちゃうJR中央線日野駅。

鉄道が敷かれたのは明治23年のこと、一面に広がる田んぼを横切るようにして、現在ならば、無機質なコンクリートの高架で建設されるところ、当時の技術では土手が築かれました。

「多摩の米蔵」とも称された田んぼは、多摩川から引かれた用水で潤されていました。

その用水、実に来年には開削されて450年にもなる、日野の一番の古さになる人工物です。

日野駅からすぐの立川寄りには、その用水、日野用水上堰と呼ばれています、の流れがあり、開通以来130年近く使われ続けている小さな橋が架けられています。

そして、ホームの真下にも、こちらは山下掘りと呼ばれる用水路を通すトンネルも現存しています。

どちらも、当時、日野で操業していた煉瓦工場で焼かれた煉瓦が使われています。

昭和12年に建てられた駅舎は、御年79歳、農村だった周辺の農家を模した建物です。

近ごろ流行、お洒落なエキナカ、日野駅の場合はたいやき屋さんです。

駅周辺には賑やかなテナントが入っているビルがある訳でもありません。

利用された方なら日野駅が「中央線のオアシス」と呼ばれている理由も納得できるはずです。

そんな日野駅で月一回、この3月から第2日曜日に「キャナルマーケット」が開かれることになりました。

会場は日野駅東側広場。

今は暗渠となっている用水、山下掘りの真上です。

一回目のテーマは食です。

日野の美味しいものがやって来ます。

お気軽にお立ち寄りください。

 

キャナルマーケット vol.1-食-

日 時 3月13日(日)10:00~16:00 入場無料
場 所 日野駅東側広場(みずほ銀行向かい側)&キョテン107
出店一覧(順不同) 菓子工房mimi
crispy×tasnanika
ナチュラルフレンチのケータリングkizagisu
野生の森のコーヒーwithスウィーツ
メキシコ料理の店 Mexicali
パティスリー ルパン
イエノコモノ
夢蔵や
ペルー料理の店LAS PAPAS
たかしん家
七ツ塚ファーマーズセンター
駄菓子屋107
主 催 キョテン107
問合せ先 キョテン107
日野市日野本町3-12-8 サニーハイツ'80-107
キャナルマーケットFB
 

地 図

 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.