Home » お知らせ » 中世、百草にあった大寺院、真慈悲寺を見学するバスツアー開催

中世、百草にあった大寺院、真慈悲寺を見学するバスツアー開催

日野市郷土資料館では現在、企画展「真慈悲寺と発掘調査の記録」が開催されています。

その関連事業として、百草にあったとされる真慈悲寺と今も多くの信仰を集めている高幡不動尊、2つの中世の寺院を巡るバスツアーを行います。

参加費は、施設の入場料のみ、それも割引料金で、交通費なし、しかも高幡不動尊境内そして京王百草園でも日本庭園に咲くアジサイがちょうど見ごろを迎えている絶好の時です。

初夏の一日、日野の見どころとそこに流れる歴史に触れられてはいかがでしょう。

 

真慈悲寺を見学するバスツアー

開催日7月1日(日)
スケジュール
9:00~11:00高幡不動尊駐車場噴水前集合
仁王門、奥殿、文永の板碑、大日堂
1335年の台風で崩壊する前、山腹にあった旧十院不動堂跡を見学
バスで郷土資料館へ移動
11:00~13:00郷土資料館企画展見学
学芸員による解説があります
郷土資料館にて昼食(昼食は各自でご用意ください)
13:00~15:30郷土資料館出発
百草八幡神社、京王百草園、百草観音堂などを
徒歩で見学しながら「幻の真慈悲寺調査センター」へ
真慈悲寺調査ボランティアによる解説があります
15:30調査センターをバスで出発
16:00高幡不動駅到着解散
使用交通機関マイクロバス 徒歩
参加費600円(高幡不動尊奥殿、大日堂、京王百草園入場料)
昼食は各自でご用意ください
軽装でお出かけください
天候によっては雨具が必要です
小雨決行です。
申込み・問合せ先日野市郷土資料館
TEL:042-592-0981
http://www.city.hino.lg.jp/museum/
museum@city.hino.tokyo.jp
 
 
▲このページの上へ

© NPO法人 日野市観光協会 All rights reserved.